確かに株主優待は人によって魅力的な優待サービスを受けられるという点で人気があります。しかし、通常の銘柄がダメなのかというと、それも違うと言えます。

株主優待がない株もあるので気になるなら先にチェック

データを記入しているビジネスマン

株式投資を行う人にもいくつかの目的があります。
高配当に注目し、その株の売買による利益、または年に1回または2回程度ある配当金による利益ということで、お金の収入が目的という人が多いところです。
そんな中、株主優待が目当てで株式投資を行っているという人も最近では多くいます。

株主優待とは、企業が株主に対して配当金と同じように、年に1回か2回程度、何かしらの商品やサービス券を贈るというものです。
株も大量に必要ではなく、多くは1単元(株の最低売買単位)持っていれば対象になりますので多くの資金は必要ありません。
株を買ってくれた人に、企業からの感謝やサービスという意味合いになります。
ふるさと納税と同じような感じです。

どんなものが贈られてくるのかというと、お米やその企業がある地域の名産、企業が取り扱っている商品、割引き券、クオカード、商品券などとなります。

優待を目的に投資を行っている人は、株価や企業状況も多少は考慮するでしょうが、企業が提示している優待品を欲しいかどうかで株を買っているということになります。
また、優待品の内容がお金に換算するとすごく高いものもあり、配当金と合わせて利回りが良いと考えて買うという考えもあります。

投資家と言えば、株価や経済に関連するニュースを気にして、チャートを見て直ぐに対応するイメージがありますが、優待目的であればゆったりとできます。
普段は仕事をしていて平日の日中は時間が取れないというサラリーマンやOLにはやりやすいと言えます。
お金が目的で多くの資金を投資している人は株価の変動で精神的にもきついですが、その心配もありません。
これから株式投資を始めるとう人にもお勧めできます。

株主優待を目的に株式投資を行う場合、注意することは、株主優待を取り扱っていない企業もあるということです。
どんな企業がどんな優待品を用意しているか、もらうための株主の条件は何かという情報は、証券会社のサイトや企業ホームページ、株をテーマにした個人ブログなどに記載されていますので購入前に確認する必要があります。

もう1つ注意することとして、株主優待は権利確定日というものがあり、その日に株を持っていれば優待品が贈られてくる対象になります。
逆に言えば、その日だけ持っていても対象になるため、その権利確定日の前後で優待目的に株売買が増え、株価が大きく変動します。
そのため、権利確定日の直近でその株を買うのは割高という場合が多いです。

投資顧問業者はお得な株主優待情報を知っていることもあります。
株主優待を得ることももちろんですが、投資で儲けることも考えてみませんか。
投資は情報が命ですから、投資顧問業者の情報を得るのも1つの方法です。
ただ、投資顧問業者によってはあまり質の良くないところもあるので、きちんと比較して投資顧問を決定することをお勧めします。
様々な情報や手段を活用して、お得な株主優待を受けられるようにしましょう。